森のデザインワークス イデアノート  

山梨県北杜市大泉町西井出8240-6101  

  • HOME
  • >
  • Copy Copy 手づくり酵素

手づくり酵素

自然から酵素を頂き、滞りのない体に。

八ヶ岳南麓
やまなし手づくり酵素の会は、八ヶ岳南麓の大泉高原にあります。
一日の寒暖差が大きく、植物が色あざやかに育つところです。
きれいな水と空気と植物に恵まれた八ヶ岳で、あなたも酵素を手づくりしませんか?
 
確かな材料自分の常在菌を入れて手づくりした酵素は、消化排毒代謝を助け、年齢を問わない健やかな美しさを引き出してくれます。また、手づくりする酵素は経済的な負担を抑えることができます。

 

手づくり酵素の材料 

八ヶ岳の旬の恵み・・・酵素づくり(仕込み)は八ヶ岳の自然の恵みがあふれる旬の時期に行います。

春ー野草酵素(4月下旬 〜5月末)
野草酵素は 野に出かけて 野草摘みから

野草酵素
野草酵素
野草酵素
野草酵素
野草酵素

秋ー実りの酵素(9月下旬〜11月下旬)
実りの酵素は生命力溢れる野菜・玄米雑穀豆(タネミックス)・地元の旬の果物を材料に

実りの酵素
実りの酵素 豆

※無農薬・固定種中心の野菜作りをしている地元のヤマナカ農場に野菜・タネミックスを提供して頂いており安心です。

響魂・・・当会では発酵助成剤「響魂」(十勝均整社製品)を使用するため、誰でも失敗なく安定した酵素を作ることができます。

 

白砂糖・・・酵素の仕込みに欠かせない材料。白砂糖は微生物によって分解され、ぶどう糖と果糖に変化していきます。

 

海の精・・・仕込んでから1週間後に海草の酵素「海の精」を混ぜて出来上がりです。陸と海の酵素がひとつになって完成します。

 

すぐにエネルギーになり、身体を内側から動かすのが酵素です。 
春
は排毒の力を高め、
秋
はエネルギーを取り入れます。

自然のエネルギーの流れに沿った酵素を取り入れることは、旬のものを食べることと同じです。
私たちの身体はいつも季節とともに変化しています。

年間スケジュール

春
4月下旬〜5月末 (
梅
5月上旬) 
秋
9月下旬〜11月下旬

仕込み回数・量の一例
春と秋の年間2回、八ヶ岳での講習会に参加し、それぞれ5kgずつ仕込みます。仕込みから1週間後の完成からコップ約1杯の酵素を約半年間、なくなるまで飲み続けます。
(ご家族と一緒に飲む場合や、パッティング等に使われる場合などで一度に10kg以上仕込む方もよくいらっしゃいます。)

 

講習日(仕込み日)にお持ち頂くもの

 包丁、まな板、ポリダル(20〜30L)、
 白砂糖(5kg仕込み用5.5kg/10kg仕込み用11kg)

※電車でお越しの方はポリダルの代わりにダンボールに仕込んで発送して頂くことが可能です。
※響魂(発酵助成剤)と海の精(海草の酵素)は当日購入してください。

講習スケジュール

9:30 集合
  仕込み
12:00  酵素学(講義)&実習
  ※ 軽食をお持ちください
14:00頃  解散

講習料

初めての方 4,500
再来の方 3,000

響魂・海の精(十勝均整社)価格(当日購入)

響魂

5kg仕込み用

3,456

10kg仕込み用

6,480

海の精

10kg仕込み用(360ml)

5,400

20kg仕込み用(720ml)

9,180

酵素学(講義)と実習内容

酵素学

酵素の正しい保存方法
身体に効かせる飲み方
家庭で酵素風呂
料理活用法
酵素でファスティング(安全な酵素断食のやり方と体験談、効果について)
酵素足湯(ムクミ、便秘、こわばりの解消、目がスッキリ、足裏からの排毒)
酵素で健康美容法(シミもメイクも薄くして若々しく)
酵素学講義
 

実習

食肉の排毒
体表からの排毒・パッティング
酵素湿布の作り方

酵素ファスティング前

酵素ファスティング前

酵素ファスティング後

酵素ファスティング後


 



 
 
 

春・秋の講習日はその都度HPでお知らせします。出張講習も可能です。ご相談ください。

《遠方から参加される方へ》・・・宿泊をご希望の方には近隣の宿泊施設をご紹介いたします。

 

お問い合わせ・お申し込みはメールmatsunaga@ideanote.jp 、またはお電話080-5435-2785で。
十勝均整社・代理店 松永玲子

 

ページの先頭へ

2019年 秋の手作り酵素仕込み会スケジュール

2019年 秋の手作り酵素仕込み会スケジュール
手づくり酵素仕込み会のお申し込みは、 MAILでお願いします。 

 
 

ページの先頭へ

酵素についての説明

1 酵素とは?---その働き

生物の体内で常に行なわれている・消化・分解・吸収・燃焼・排泄・伝達など、さまざまな化学変化(代謝)を進行させる仲介役のタンパク質です。

食べたものが消化吸収されて排泄されるまで必要に応じて、
体内工場の機械を作動させるエンジニアが酵素です。

2 健康への道---シンプルなシステム   

酵素
身体の中の毒素を排泄して細胞を活性化させ、血流を促す。滞りなく流れ出すと栄養の吸収がスムーズになり、身体が温まって元気になります。
 
まずは出すこと、酵素は疲労したタンパク質を分解して身体の内側の汚れを落としてくれるのです。

3  命の源(バッテリー)を補う

生物はみな体内で酵素をつくり出し、適材適所で使い分けています。
しかし、体内でつくり出すことの出来る量には限界があります。それが寿命と云われているもの。
体内酵素の浪費を補う為に他の生物の酵素をいただいて充電する---それが手作り酵素です。

4 季節の移り変わりと人の身体

自分の住んでいる地で採れたものを食べる。季節ごとに旬のもののエネルギーをいただいて元気になる。
それが一番自然で、健やかに生きられる方法。
 
それは土地で暮らす人とそこにできる植物とが同じ土、水、お陽さまの光を受けて生きているから。とても当たり前のことを長い間忘れていたような気がします。

5 手づくり酵素の作り方

春は芽ぶきの酵素からはじまり、秋の実りの酵素を冬至までに作ります。草の酵素は成長のエネルギー、実りの酵素は持続のエネルギーをもたらしてくれます。
 
作り方は、春は草、秋は野菜、くだもの、山の実りなどを刻んで白砂糖と発酵補助剤ケルプを混ぜ樽の中に仕込みます。
 
毎日、朝夕ぬかみそのように自分の手で混ぜ、一週間程したらザルで濾します。その液体(陸の酵素)に海の精(海の酵素)を混ぜて出来上がりです。
 
仕込みからおよそ一週間でどなたにも簡単に出来、すぐに飲めるのが手づくり酵素の利点です。 

白砂糖について

白砂糖について---白砂糖を使う理由
白砂糖は不純物をほとんど除いた砂糖の純粋な結晶です。ですから植物の細胞膜に浸透して、中の成分を壊さずにエキスを引っ張りだす特性にとても優れています。その植物エキス+砂糖に発酵菌が働いて微生物による分解が行われ、白砂糖をブドウ糖に変化させてしまいます。(黒糖などは不純物が多いので、異常発酵など、安定した発酵が難しく、手づくり酵素にはあまり適していません)
 
また、使用する砂糖は、仕込む植物に対して1.1倍の量を要しますが、これは、手づくり酵素の提唱者である河村先生が永年の研究結果、最適な基準量として見出された数値です。 

 

6 なぜ手づくりするのでしょうか?

市販の酵素は製品として販売する以上、高温加熱が義務づけられています。
そのため失われる酵素も少なくありません。
 
その点、手づくり酵素では、失われる酵素もなく、何より全て自分の選別で材料を仕込むわけですから、安全で確かな酵素が得られるのです。

7 酵素が教えてくれる身体の滞り

手づくり酵素は、飲んで身体の中からきれいにすることが基本です。
しかし背中に塗って手でパッティングすると毛穴から浸透し、体内の老廃物(消しゴムかす状の疲労したタンパク質)を引っ張りだしてくれる力を持っています。
 
パッティングマッサージ後は、身体がリフレッシュし軽くなることを実感出来ます。

8 微生物のしごと

味噌や納豆、漬け物が身体によいと言われるのは微生物が糖を分解したり、有機酸を作り出したりと元々は食材に無かった成分や旨味を増やし奥行きのある美味しさを作り出しながら生きているから。
 
腸内の善玉菌を増やし、身体の免疫力を高めてくれるのです。また、体全体にまとっている常在菌が、さまざまな細菌やウイルスから私たちの身体を守っています。
 
ページの先頭へ

酵素づくりの年間スケジュール

酵素づくりの年間スケジュール
前のページへ
次のページへ
北杜「水の山」映像祭
  イデアノート代表松永良平のシナリオ作品グランプリ受賞&映画化から5年以上。地元北杜市主催の映画祭を企画し、監督・事業推進部長として活動中!